医療脱毛は効果があるけどVIOや脇の痛みの感じ方とは?

ボタン

脱毛効果が高いのは知っているけど、痛いという噂もあるから心配!手足なら我慢できそうだけど、デリケートな部分は無理なんじゃない?脱毛効果の高さと一緒に、痛いという噂ばかりが先行している感のある医療レーザー脱毛。実際は、どのような痛みがあって、どこの部位の脱毛処理が一番痛いのか、気になりますよね。医療レーザー脱毛、実際はどんな痛みを感じるのでしょうか?

 

医療レーザー脱毛はどんな痛みを感じる?

レーザー脱毛で感じる痛さの例えで、よく聞くのが「輪ゴムを弾かれたような痛み」というもの。
実際に施術を受けた人の中でも、

 

  • 本当に輪ゴムで弾かれたような痛さだった
  • 毛抜きで毛を抜いたような感じ
  • さほど痛くない。
  • 激痛でした

 

など、感想は人それぞれ。もちろん、痛みに弱い人、強い人というのもあるでしょうが、肝心なのは、医療レーザーを受けた部位。部位によって、感じる痛みの差が大きいという情報もあります。
では、どこに医療レーザーを照射したら、最も痛みを感じるのでしょうか。

 

一番痛みを感じる部位はやっぱり・・?

いろいろ調査をしてみると、やはりダントツに痛みを感じた部位はデリケートゾーン。つまり、VIO脱毛処理が、最も痛かったと答える方が多いようです。神経も集中していますし、体の中でも最も敏感な部分でもあるので、この結果は何となく予想できるのではないでしょうか。感じる痛みも個人差がありますが、他の部位に比べるとVIOラインの脱毛に苦労した人が圧倒的に多いのは事実。ただ、その中でもIラインの脱毛が最も痛く、意外にV、Oラインの方がまだマシだったと感じた方も多いのだそう。その原因は、いったい何なのでしょうか?

 

Iラインが最も痛い理由はなに?

アンダーヘアの部分は、毛の量も多く、毛質も太いため、レーザーが反応しやすい環境にあります。これに関しては、V、I、Oラインそれぞれに同じ条件であるといえますね。
ひとつ他の部位と異なるのは、Iラインは、やはり粘膜に最も近い部位であり、皮膚も薄く、色素沈着しているケースが多いということ。これが、V、Oラインよりも、強い痛みを感じる原因なのではないかと考えられているようです。

 

 

 

医療レーザー脱毛で一番痛みを感じるのは、やはりVIO脱毛という結果が出ました。
しかし、痛みを感じる程度は個人差も大きく、「毛抜きで抜く程度」と感じる人もいらっしゃるようです。我慢できないような痛みを感じた場合は決して無理せずに、痛みを軽減しながら脱毛処理をしてもらいうといいですね。